広島にてドローンの農業活用、収穫予測の検証を行いました

広島にてドローンの農業活用、収穫予測の検証を行いました。
ドローンの産業化は農業分野においても、大きく期待されています。
より精密な農業を行い、収穫の効率化、また人員の削減による低コスト化を目指していくことになります。
もともと農薬散布においては、ドローンという言葉が世にひろまるもっと以前から行われてきました。
ドローンの窓口の代表 橋本も、かつては農薬散布を業務としてやっておりました。
DJI製ドローンでは、農薬散布もさることながら、やはりその搭載カメラでできる精密農業向けへの期待が大きくなっています。
可視カメラでの映像確認や、マルチスペクトルカメラを搭載するドローンで撮影する映像では、色の識別を行い、作物の育成状況の確認が画像から読み取ることができるようになります。
まだまだ検証を重ねていくことが必要ですが、我々自身も今回の検証フライトは得るものが大きいものとなりました。
それにしても最高にいいお天気。
青空にドローンは映えますね。
この圃場、空撮したくなり、そのまま大空からの撮影もしておきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です