地元の小学校にて、測量講習とドローンのデモフライトを行いました

地元の小学校にて、測量講習を兵庫県測量設計業協会の皆様が行い、ドローンの窓口はデモフライトを担当させていただきました。
以前に、測量の件でお世話になった方から、ご連絡いただき、今回の件が実現しました。

まずは小学6年生を対象に、測量の座学と実習。
子供達はみんな興味津々なようです。

運動場に白線をひき、実際に計測します。
三角形の面積を求める測量でした。
普段、算数で勉強する三角形の面積、「底辺 カケル 高さ ワル 2」というあの公式です。
机上でやるより、実際にこうやって計測することで、授業で学ぶ公式がどう使われているのかが分かりやすくなったのではないでしょうか。

最後は、運動場に人文字を作り、空撮で記念写真を撮りました。

ドローンの窓口は、課外イベントの度に、マトリス600Pro、インスパイア、ファントム、マビックと基本シリーズをすべて持っていき、展示します。
やはりみなさん、マトリス600Proの迫力に驚かれます。

すべてが終わり、解散してから、ひとりの小学生が僕のもとへやってきて、「ドローンと測量はどう関係するの?」って聞かれました。
今日はデモフライトだけで、ドローンの撮影写真で画像を3次元データ化して、云々・・・の話はしていないので、その関連はわからないですよね。
できるだけ、やさしい言葉で説明してみましたが、伝わったでしょうか・・・
僕が「測量とかドローンに興味あるの?」って聞いてみたら、笑顔で「はい!」って。

今日、ここに来てよかったと心より思いました。
関係者のみなさん、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です