ドローンの窓口について

ドローンセミナーを貴社にカスタマイズして行わせていただきます。

我々は、「ドローン運航の安全」を企業ミッションに、10年以上ドローンの開発、運用を行なってきました。
多くの実績と経験をもとに、専門コンサルタントが、ドローンビジネスに対して興味があり、運用を検討している受講者様の課題やご関心事を確認のうえ、講演プランをご提案いたします。また、講師決定後も、催事のご準備から終了まで、お客様をサポートいたします。
講演会・セミナーご計画の際、また各種交流会、勉強会、子供たちへのドローン産業についての理解を深める場などへの講師依頼等もお問い合わせください。


information

新型コロナウイルスへの対応(最新状況)

新型コロナウイルスの世界的流行は、私たちビジネスだけでなく生活すべてに影響を及ぼしています。 関係者および皆様の健康と安全を最優先させていただいた上で適時、活動の可否を判断してまいります。 何よりもまず、このウイルスによ …

新型コロナウイルス(COVID-19)への対応について

新型コロナウイルス(COVID-19)の世界規模の蔓延は、ドローンの窓口の事業の中の一つである「JAAドローンパイロットスクール」の開講においても影響が必至ですが、必要な知識・技術を絶やすことなく継続的に習得できるよう、 …

設備点検

屋根補修工事に携わる方に

屋根やさんの作業における安全性の確保のため、また大幅な作業効率向上にドローンが活躍する時代になっています。お客様にフライト中の屋根の状況をiPadなどのディスプレィで確認してもらいながら作業を進められるので、補修内容の確認もスピーディな上、信頼も獲得することが可能になります。


ドローンのメリット

料金プランは、ドローン機体により変動します。まずは始めやすい機体から進め、フライトオペレーションに慣れてくれば、より高性能なドローンにグレードアップすることも可能でしょう。ドローンの性能として、機体の操作性・安定性と、カメラの性能があげられます。ドローンの窓口では、可視カメラのほか、赤外線カメラを搭載したドローンの点検まで、サポートすることが可能です。

インフラ点検を省力化

可視カメラや赤外線サーモカメラを使用してのソーラーパネルの点検、高所や人が踏み入ることが困難な場所の点検が容易に行えます。ドローンを使えば、作業時かかる時間がこれまでよりも大幅に短縮でき、大幅な省力化が図れます。

導入コンサルティング

操縦の技術はもちろん、法規制・運行管理ほかドローン運用のすべてを。

導入コンサルティング

ドローンという言葉は、非常に知名度の高いものになりました。しかし、製造メーカーはどのくらいあるのか、また自分たちの事業に活用するにはどういう機種を選べばいいのか、まずどんな機種のラインナップがあって、費用はいくらするのか・・・得なければならない知識や情報量は、かなり膨大なものになります。
機種の知識にくわえて法規制についてのことや、万が一のための保険加入についても理解が必要です。
そして各種の産業分野にたいして行政は、ドローンをふくむICT(*)の全面的な活用を推し進めています。
そのような情勢のなか、すぐに活用を開始したいのに、独学ではじめるには時間がかかりすぎるのではないでしょうか。

(*)ICTとは情報処理や通信に関連する技術、産業、設備、サービスなどの総称です。 ICTは「Information and Communication Technology(インフォメーション アンド コミュニケーション テクノロジー)」の略語で「情報通信技術」と訳されています。

フライト実績と時間の量は、そのままスキルに直結します

実技については、やはり飛ばした量・時間がスキルに直結します。その経験が多ければ、多いほど、危険な状況や状態に向き合ってきたといえます。いざ、フライト現場に行ったときに、初心者ほど「この場所は危険な状況に陥る可能性が高い」という判断ができません。ドローンは簡単に飛んで、自分のもとに戻ってくると思い込んでしまいがちなのです。様々なロケーションにおける状況判断など、こういうケースではこのように考えておきましょう、といった現場に即した適切なアドバイスを行うなど、経験に基づいたコンサルティングを行います。

安全運用のルーティンワーク

従来、農業分野で豊富な経験と飛行実績を積んだインストラクターが在籍、機体の状態判断、操縦をつかさどるスマホやタブレットにおける設定だけでなく、安全のためのルーティンワークを非常に大切にした運用を行なっています。これはそのままノウハウであると言えます。機体トラブルや重大事故を回避するために、我々はこれを非常に大切にしております。これらをすべて公開して、レクチャーいたしますので、どうぞご期待ください。

フライト体験

まずはフライト体験からはじめてみよう

本格的なスクールやコンサルティングを申し込む前にまず体験してみたい。ドローンを購入してみたいが操縦の感覚を事前に味わってみたい、など事前にドローン触れてみたいとお考えの方は多いはずです。弊社契約フィールドのほか、フライトの許可が取れる場所であればお客さまのご都合のよい場所まで伺う事も可能です。(近郊エリアのみ) ドローンは、こちらで用意いたします。

11,000円

ドローンの窓口 体験

首都圏と関西エリアにフライトフィールド

神奈川県横浜市、神奈川県平塚市、兵庫県姫路市にてフライト体験が可能です。
最小スペースのイメージとしては、離陸のためのスペースとして約10M四方の敷地と、電線や障害物のない上空であれば可能です。念の為、事前にご相談ください。