JAAドローンパイロットスクール

JAAschool
横浜フライトフィールド : JR横浜線 小机駅より徒歩3分(新横浜の一駅となりです。)
姫路フライトフィールド : 山陽電鉄 大塩駅より徒歩4分(阪神電車乗り入れあり。)

導入コンサルティング

ドローン導入コンサルティング

ドローンという言葉だけは、知名度の高いものになりました。しかし、製造メーカーはどのくらいあるのか、また自分たちの事業に活用するにはどういう機種を選べばいいのか、まずどんな機種のラインナップがあって、費用はいくらするのか・・・得なければならない知識や情報量は、かなり膨大なものになります。
機種の知識にくわえて法規制についてのことや、万が一のための保険加入についても理解が必要です。
そして各種の産業分野にたいして行政は、ドローンをふくむICT(*)の全面的な活用を推し進めています。
そのような情勢のなか、すぐに活用を開始したいのに、独学ではじめるには時間がかかりすぎるのではないでしょうか。

(*)ICTとは情報処理や通信に関連する技術、産業、設備、サービスなどの総称です。 ICTは「Information and Communication Technology(インフォメーション アンド コミュニケーション テクノロジー)」の略語で「情報通信技術」と訳されています。

実績の量と、フライト時間の量はそのままスキルに直結します

実技については、やはり飛ばした量・時間がスキルに直結します。その経験が多ければ、多いほど、危険な状況や状態に向き合ってきたといえます。いざ、現場に行ったときに、初心者ほど「この場所は危険な状況に陥る可能性が高い」という判断ができません。ドローンは簡単に飛んで、自分のもとに戻ってくると思い込んでしまいがちなのです。様々なロケーションにおける状況判断など、こういうケースではこのように考えておきましょう、といった現場に即した適切なアドバイスを行うなど、経験に基づいたコンサルティングを行います。

安全のために

従来、農業分野で豊富な経験と飛行実績を積んだインストラクターが在籍、機体の状態判断、操縦をつかさどるスマホやタブレットにおける設定だけでなく、安全のためのルーティンワークを非常に大切にした運用を行なっています。これはそのままノウハウであると言えます。機体トラブルや重大事故を回避するために、我々はこれを非常に大切にしております。これらをすべて公開して、レクチャーいたしますので、どうぞご期待ください。

組織概要

名称合同会社ドローンの窓口
代表橋本真一(ドローンオペレーター・指導員)
橋本真樹(ドローンオペレーター・指導員)
原 芳典(ドローンオペレーター・指導員)
大谷祐介(ドローンオペレーター・指導員)
鈴木泰成(ドローンオペレーター・指導員)
小笠原佑樹(ドローン開発エンジニア)
本社神奈川県川崎市宮前区鷺沼1-11-1
044-750-0860
営業所兵庫県姫路市中地363-1
079-292-0213
業務ドローン導入コンサルティング
特定用途向けドローン設計・開発
JAAドローンパイロットスクール
業務請負(空撮・3D測量、農業、各種点検等、ほか付帯業務)
ドローン販売(DJI、3DR ほか)
その他、ドローンに関する付帯業務
機体MATRICE 600 Pro + RONIN MX(Sony α7)
Inspire 1 V2.0
Phantom 4 Pro Plus
Phantom 4 Pro
Phantom 4
MAVIC Pro
Phantom 3
F550(スクール練習機・トレーナーズコード付)
URLhttps://dronenomadoguchi.com


お問い合わせ

送信前に問い合わせ内容を確認してチェックボックスをクリックしてください。

ドローンの窓口では個人情報の取り扱いについて、以下の利用規約を定めています。
■利用目的 お預かりした個人情報は、以下の目的で利用するものとし、他の目的で使用することはありません。
1.ご質問への回答は情報提供のみに使用いたします。連絡につきましては、e-mail、郵便、電話等の手段により行います。
2.前述の目的以外で個人情報を利用する場合には、必ずご本人に事前に通知し同意をいただいた上で行います。
※収集させていただいた個人情報に関する書類のご返却はいたしません。予めご了承ください。
■個人情報の管理 お預かりした個人情報は、紛失、破壊、改ざん及び漏洩等の個人情報に関するリスクに対して合理的な安全策を講じて適正に管理します。
■個人情報の第三者への提供 お預かりした個人情報は、ご本人の同意を得ることなく以下の目的以外で第三者提供を行うことはありません。ただし、ご本人の同意を得た場合、法令に基づく場合、人の生命・財産の保護の必要がある場合、警察裁判所等の公的機関の業務への協力が必要である場合はこの限りではありません。
・システムの保守又は改修などの目的により、外部の企業に預託する場合
■個人情報の開示・訂正・削除
1.お預かりした個人情報について、ご本人より開示の請求があった場合は、その請求に基づいて、お預かりしたすべての情報を開示します。さらに、開示した内容が間違っていた場合には、速やかにその情報を訂正致します。
2.ご本人より抹消の申し出があった場合、もしくは、下記のいずれかに該当した場合は、削除させていただきます。
・当社の運営を妨げる行為、またはそのような恐れのある行為があったとき
・本規約に違反し当社が抹消処分相当と判断した場合
■利用規約の変更 当社は、本規約を承諾を得ることなく、変更・改訂できるもとし、改訂後はすべてのユーザーに改定後規約が適用されるものとします。